昼顔妻 ゆかり - おっぱい・いっぱい・胸いっぱい~エロライダー~

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?

18歳以上 18歳以下
ENTER/EXIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Powered By 画RSS

昼顔妻 ゆかり

ゆかり(28)歳は昼の午後13時頃にスマホの画面をソフトな指先でスクロールして、とある素人投稿サイトに自身の淫らな下着姿をそっとリビングのソファーに腰掛けてM 字開脚のアソコを録画していました。 そしてその淫らな下着姿を複数の性に野蛮な野郎のスレに『今穿いて居るパンティーです』と書き込んでいました。 ゆかりも愛しているパパが新婚早々、福岡の会社の支社に3年間長期出張を命じられたので、熟れた体をもて余していた。 だからほんの出来心のつもりで震えるしなやかな指先でスクロールしてこの投稿サイトに投稿してしまったみたいだった。 しばらくすると、スマホの画面に眼をやるとそこには複数の男達からいやらしい言葉でレスに綴られていた。 こんなやらしい言葉でレスに書かれていたみたいだった。 『ゆかりさん、セクシーな下着姿ですね、出来ればもっと激しく股間に食い込む様にして下さい。』とか、 『ゆかり、セクシーやねぇ~!! 狭いクロッチは既にびしょびしょですかァー?♪』とか、 『ドスケベェのゆかりさん、もっと腰を持上げて食い込む狭いクロッチを横に捲ってマ○コを魅せてぇーー!!』 といやらしい言葉でレスに綴られていた。ゆかりはドキドキしながら狭いクロッチの中で勃起した小さなクリちゃんに指先を思わずはわせていた。 そしてその淫らな姿を秘かに撮影すると投稿サイトに投稿していた。 『アア……スマホの画面越しに複数の男達からいやらしい眼で視られてると思うと……何だか感じて来ちゃうわァーー!!』 といいながらゆかりのしなやかな指先は勃起した小さなクリちゃんを相変わらず上下に這わせて弄り廻していた。 そしてゆかりは堪らなくなったのか、真っ赤なシースルーのクロッチに妖しく光を放つパール越しに勃起した小さなクリちゃんに指先が触れる度にゆかりの体がビクン、ビクンと数回痙攣していたみたいだった。 するとゆかりのスマホに複数の男達からのエッチなスレが多数書き込まれていた。そしてその中に『ゆかりさんと今すぐに会いたい、 お住まいは近いですか?! 〇〇大学の大学生のM 男です。』と書き込んであった。 ゆかりもその若い大学生のM 男君に何故か惹かれたみたいで、自らのメルアドを秘かに彼だけに教える為に秘密のキーワードを教えてやっていた。 そしてゆかりはその若い大学生のM 男君に家の近くに在る大型ショッピングモールのフードコートの片隅の席で待ち合わせの約束をして居るみたいだった。 ゆかりはリビングの独り掛けのソファーから立ち上がるとまいていた狭いクロッチを元に戻して二階の寝室に向かった。 そしてゆかりは収納式の洋服タンスの中から赤色のミニワンピをその火照った体に身に付けた。 それからゆかりはキングサイズのベッドの傍にある鏡台に向かうと真っ赤な艶ありの口紅を厚ぼったい唇に引くと舌先でぺろりと舌嘗めづりしていた。 そしてその背中までのびた長い髪の毛をアップにすると又ゆかりは立ち上がり、愛用のバッグを肩に掛けると二階の階段を小走りで降りて玄関から外に出て行った。 ゆかりは近所の大型ショッピングモールに向かってペダルを漕ぎ出した。 するとゆかりの紅いシースルーのクロッチに縫い付けられたパールが自転車のサドルに擦りつけられてゆかりは小さく喘ぎ声をもらしていた。 そしてその狭いクロッチには愛液が溢れ出していた。 しばらくするとゆかりが自転車を漕いで居ると家の近くの大型ショッピングモールが見えて来た、ゆかりは気持ちを必死で抑えながらその大型ショッピングモールのフードコートに向かって歩いて行った。 するとゆかりが指定していたフードコートの片隅の席に若い大学生の男の子がソワソワしながら待って居るみたいだった。 ゆかりは恐る恐るその若い大学生の男の子に話し掛けた。 『………あのぉ~?! 大学生の M 男君かしらぁ~~?♪ あのぉ~? 結構待ってましたかァ ……?♪』 『い、いえ、そんなに待ってませんよぉ……!! 奥さん、』 『駄目ぇ~!! 此処じゃ奥さんって呼ばないでぇ、ゆかりさんでいいよぉ~~!!♪』 『はい、判りました、ゆかりさん………、 何か冷たい飲物でも呑みますぅ……?!』 とその若い大学生の男の子は立ち上がると喫茶コーナから冷たいアイスコーヒーを持って来るとゆかりのテーブルの前に差し出した。そしてゆかりとその若い大学生の男の子は暫く世間話をしながら喉を潤していた。 ゆかりはその若い大学生の男の子の眼をまるで誘惑するかの様に見詰めながらテーブルの下で両脚を拓いて紅いシースルーのクロッチに縫い付けられたパールを業と見せ付けていた。 そしてゆかりはその若い大学生の男の子に未だ童貞なのかと質問していたみたいだった。 するとその若い大学生は暫く黙っていたがコクリと頭を頷いていた。そんな彼にゆかりはわざとテーブルの上の愛用のバッグを下に落としていた。 親切な彼は直ぐにゆかりの愛用ののバッグを拾おうとして頭をテーブルの下にするとゆかりの紅いシースルーのクロッチが股間に食い込んで居るのが丸見えになっていた。 その若い大学生の男の子は思わず生唾をゴクリと呑み込んでいたみたいだった。そんな初な彼を挑発するかの様にゆかりは業と指先を狭いクロッチに縫い付けられたパールの上から這わせた。 『アア…ン……ねぇ~?! M 君、私の愛用のバッグを早く拾ってよぉ~~!!♪』 『あ、今直ぐに……!! えっとぉ ……あれぇ~~?♪ バッグがぁ~~?♪ 』 とその若い大学生の男の子はわざとテーブルの下でゆかりの愛用のバックを探して居る振りをしていたが、ゆかりの紅いシースルーのクロッチをまさぐって居る指先を上下に這わせて弄り廻して苛めて居る様だった。 『アア…ン…駄目ぇ~~こんな処でそんな事しちゃァーー!!♪』とゆかりは切なく下半身を喘いで見せた。 そしてゆかりは体をビクン、ビクンと数回痙攣させていた。 するとゆかりの狭いクロッチには愛液でびしょびしょに成ってその若い大学生の男の子を挑発していた。 しばらく二人はその大型ショッピングモールのフードコートから外に出て行くとタクシー乗場からタクシーに載って街外れのコジャレたラブホの中に入った。 二人は5階の503号室をラブホのエントランスに在る掲示板で選ぶとエレベーターで503号室がある5階に上がって行った。 そしてゆかりとその若い大学生は部屋に入る成り、濃厚なキスを交わしつつ、ゆかりのミニワンピの裾を大胆に捲り挙げて狭いクロッチに縫い付けられたパールを指先で弄り廻して遣っていた。


次回に続く
スポンサーサイト
[PR]

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。